14_goto

後藤剛範 Goto Takenoriオーストラ・マコンドー
1983年生まれ。東京都出身。明治大学演劇学専攻中退。5.15事件の青年将校であった後藤映範の孫、父親の名前は魁と書いてマスラオと読む、母親の八重子は自分が赤塚不二夫のひみつのアッコちゃんのモデルだと酒が入るとよく話し、そのような遺伝子のせいなのか男根期から今に至るまでアイデンティティの破壊と構築を自発的に繰り返すことでしか人間としての平静を保てなくなった。性格は女性的。俳優業以外にポイ、セキュリティ指導、ベンチプレス150キロ、正しい日焼けのやり方などを得意としている。KUNIO、ハイバイ、ポツドール、快快、野田地図等に出演、影響を受ける。映像では、瀬々敬久、犬童一心、山内ケンジ、吉田圭介、吉田光希らの作品に出演した。
木ノ下歌舞伎作品には『東海道四谷怪談—通し上演—』に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です