【掲載情報】初の短編小説『朝靄の道行』

WEBマガジンAMeeTにて、木ノ下裕一初の短編小説『朝靄の道行』が公開されました。
AMeeTに文学作品が掲載されるのは、初めてのこと。
挿絵はキャンバスに映像を投影する手法で知られる現代美術家のヤマガミユキヒロさんにオリジナルで描き下ろしていただきました。
伝統芸能への想いのたけを詰め込んだ、物語。是非ご一読ください。

http://www.ameet.jp/feature/feature_20140504/#page_tabs=0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です