【義経千本桜】演出家|多田淳之介×主宰|木ノ下裕一 対談[3/3]

木ノ下×多田対談_アイキャッチ

『義経千本桜 —渡海屋・大物浦—』(以下、『渡海屋』)公演に向け、演出家と木ノ下歌舞伎主宰・木ノ下による生の声を、三回に渡る対談形式にてお届けする企画、最終回。2012年に『義経千本桜』通し上演の総合演出及び『渡海屋・大物浦』の演出を担当された多田淳之介さん。4年振りに木ノ下歌舞伎との再タッグが実現し、2016年版『渡海屋』一幕上演に挑みます。

細かい“遊び”の部分にもご注目下さい(木ノ下)

[Q4]今作の「少しマニアックな楽しみ方」の一例を教えて!

木ノ下 もしかしたら意外に思われる方がいるかもしれないけど、多田さんは細部にめちゃくちゃこだわる演出家なんです。作品のスケール感が大きいし、巨大な丸太がドーンときた! みたいに見えるんですけど、その丸太に見えるモノは非常に細かく構成されている。今回は『渡海屋』以前の、いわゆる前段にあたる部分を創作しているのですが、僕が「単純化して見せられたらいいかな」と思っていたシーンも、多田さんは実に細部までこだわり心血を注いでいる。そういう細かい“遊び”の部分にもご注目下さいませ。

多田 そこは是非観て欲しいですね。「伝わらないだろうなー」と思いつつ(笑)、真剣に作っています。

木ノ下 人物相関も「この二人は伯父と甥にあたる」とか、全部歴史に則した上で。

多田 「この天皇は島流しに遭うんだけど、後に亡くなって日本三大怨霊になっている。だからこの時はこうなって……」みたいなことを、延々。

木ノ下 そうそう。そういう裏が分かるから良いよね。

多田 でも絶対に伝わらない(笑)。

木ノ下 深みにはまれる入口です。何気なく書いた台詞は一言たりともないですから。

「キノカブの多田の方が面白い」と言ってもらえたら(多田)

[Q5]もうすぐ本番。現在の意気込みを。

木ノ下 我々、今もの凄く気合いが入っています。

多田 僕も日々非常に楽しく作っています。(東京)デスロックをやる時は楽しんでる余裕ない事が多いんですが(笑)今回久々に楽しく。実は一度、「デスロックで『渡海屋』をやるのはどうだろう?」という話が出たことがあるんです。でも、あれは木ノ下くんがいないと出来ないだろう、あれはキノカブでやるからいいんだよ、という結論になって。

木ノ下 いやー、やってくれたら面白かったのに! デスロック版『渡海屋』観たいな〜。

多田 自分達だけで歌舞伎を扱うにはまだ足りていないことが多いので、もうちょっと経ってからやりたいなと。

木ノ下 僕はそうなったら良いと思っているんです。多田さんに限らず色々な演出家が「もう木ノ下はいらないよ」と言って自らの“カブキ”を立ち上げ始めたら……、それはすごく幸せですよね。

多田 『渡海屋』をキノカブでやるのは今の自分にとってベストの環境だし、ここでなら自分のフルスイングが出来る。僕的には「デスロックの多田よりキノカブの多田の方が面白い」と言ってもらえたら。

木ノ下 もう! 何を言い出すんですか!?

多田 「多田さん、ずっとキノカブの演出やればいい」「デスロックとかやらなくていいし」ってね。

木ノ下 いやいやいや〜(笑)。びっくりした。何を仰いますやら。

多田 ……という位の評判を目指して頑張ります。是非楽しみにして頂きたいです。

木ノ下×多田対談_第三回
いよいよ名古屋公演から開幕する『義経千本桜―渡海屋・大物浦―』。
皆様のご来場をお待ちしております!

名古屋|2016年5月27日(金)~30日(月) 愛知県芸術劇場 小ホール
東京|2016年6月2日(木)~12日(日) 東京芸術劇場 シアターイースト
豊川|2016年6月18日(土) ハートフルホール [豊川市御津文化会館]

聞き手:園田喬し(演劇ライター/編集者)
http://www.land-navi.com/bite/

【義経千本桜】演出家|多田淳之介×主宰|木ノ下裕一 対談[1/3]

2016.05.23

【義経千本桜】俳優インタビューまとめ

2016.05.21

【木ノ下“大”歌舞伎|特別企画】 木ノ下歌舞伎を「本」と見立てて・・・ 紹介の<帯>をつけてください![第一回]

2016.05.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です