桂米朝著『落語と私』(ポプラ社)

books_banner

木ノ下裕一オススメの古典芸能にまつわる本を紹介する企画。

「落語の入門書は、この一冊があればいい」そう思える名著です。

桂米朝著『落語と私』(ポプラ社)

上方落語の神様・桂米朝師による落語入門書。もともとは児童向けとして書かれた経緯もあって、実にわかりやすいタッチで、解説されています。うーん、もう説明は不要。こんな名著に私ごときが何かを付け加えることすら憚られます…。とにかく手に取ってみてください。この本を開くたびに、「嗚呼、こんなふうにフラットに、明晰に、そして、やさしく、奥深く、古典芸能を解説できたらいいのになぁ…」といつも思います。私の〈聖書〉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です