桐竹勘十郎著『文楽へようこそ』(小学館)

books_banner

「木ノ下裕一オススメの古典芸能にまつわる本を紹介する企画。
いま読むべき一冊を木ノ下が一言で紹介します!」
(第一回から第二十回はビギナー必見!入門書特集)

あたたかい一冊。

桐竹勘十郎著『文楽へようこそ』(小学館)

文楽の入門書は数々出版されておりますが、中でも、この一冊はおススメです。特に、桐竹勘十郎氏と吉田玉女(現・吉田玉男)氏の対談は秀逸。良きライバルであり、盟友であるお二人だからこそ話せるよもやま話は、文楽の魅力を余すことなく私たちに伝えてくれます。本全体からにじみ出る「あたたかさ」、まさに〈情〉がたっぷりこもった良書です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です