安藤鶴夫著『落語国・紳士録』(平凡社)

books_banner

「木ノ下裕一オススメの古典芸能にまつわる本を紹介する企画。
いま読むべき一冊を木ノ下が一言で紹介します!」
(第一回から第二十回はビギナー必見!入門書特集)

落語国の人々の〈履歴書〉。

安藤鶴夫著『落語国・紳士録』(平凡社)

おもに江戸落語の登場人物たちを辞典的に紹介した本書は、著者の〈落語偏愛〉が遺憾なく発揮されています。独特のコミカルさ、リズムのよさ、そして適度なマニアックさに溢れた楽しい一冊。入門書としても楽しめますが、パロディ的要素が強いので、落語を知れば知るほどその面白さに気がつきます。落語を一席聴いたら、すぐにページを開いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です