山崎有一郎著『能・狂言なんでも質問箱』(檜出版)

books_banner

「木ノ下裕一オススメの古典芸能にまつわる本を紹介する企画。
いま読むべき一冊を木ノ下が一言で紹介します!」
(第一回から第二十回はビギナー必見!入門書特集)

痒いところに手が届く。

山崎有一郎著『能・狂言なんでも質問箱』(檜出版)

能・狂言は現存する日本最古の演劇ですから、鑑賞する際に知っておくべき約束事がたくさんあります。本書はそれらをわかりやすく解説した上で、能狂言ビギナーが感じる「なぜ?」に丁寧に答えてくれます。まさに、痒いところに手が届く本なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です