服部幸雄著『大いなる小屋』(講談社)

books_banner

「木ノ下裕一オススメの古典芸能にまつわる本を紹介する企画。
いま読むべき一冊を木ノ下が一言で紹介します!」
(第一回から第二十回はビギナー必見!入門書特集)

画期的、歌舞伎劇場論!

服部幸雄著『大いなる小屋』(講談社)

花道、楽屋、客席、木戸…それら〈劇場の機構〉にまつわる歴史的意味を、独自の研究と解釈でえがききった名著。知れば知るほど、その奥深さに震えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です