【木ノ下出演】伝統のチカラ、芸能のカタチ|公開対談

木ノ下が参加しております、国際交流基金アジアセンター事業「伝統のチカラ、芸能のカタチ」にて宝生和英さんとの公開対談が決定いたしました。

対談 宝生和英×木ノ下裕一
「現代と向き合う -能楽と演劇-」
いまの私たちにとって古典とは何か?
東南アジアと日本の伝統のチカラを再発見し、現代の芸能のカタチを考えるプロジェクトの一環として、宝生流第二十世宗家宝生和英と木ノ下歌舞伎主宰の木ノ下裕一が、古典を現代に、そして未来へとつなげる試みについて対談します。

日時 : 2017年月9月15日(金) 19:00 – 21:30  ※18:00より関連展示ご覧頂けます。
会場 : 国際交流基金本部ビル2階、ホールさくら
料金 : 無料、要予約(先着順)
予約 : 「9/15対談申込」のタイトルで、9/14(木)18:00までに、参加される方のお名前とお電話番号を、下記アドレスまでメールでお知らせ下さい。
▶国際交流基金アジアセンター『伝統のチカラ、芸能のカタチ』担当 info_dento@jpf.go.jp

詳細→http://dento.jfac.jp/news25082017/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です