【木ノ下】北尾亘(Baobab)『東京ディグ/ライズ 2』に講師として参加

木ノ下歌舞伎でも数々の作品に出演・振付いただいております北尾亘さんがWS講師・演出・振付をご担当されます、ダンスワークショップ公演『東京ディグ/ライズ 2』に、今年も木ノ下がレクチャーゲスト講師として参加します。

2019年にスタートした『東京ディグ/ライズ』は「自分たちの暮らす場所、街や界隈、都市の歴史や物語を掘り起こし(DIG=ディグ)、そこから新しい祭りを建て上げる(RISE=ライズ)」という実にユニークなコンセプトで話題を集めました。

今年は木ノ下が参加するオンラインWSのみの参加も、身体を軽く動かせる(一畳半)程度のスペースで参加可能となっていますので、遠方の方もぜひチェックしてください。

詳細=https://www.geigeki.jp/performance/theater247/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください