20_ran2

蘭妖子 Ran Yoko
1943年生まれ。香川県出身。寺山修司の主催した「演劇実験室 天井桟敷」に入団。初舞台は『大山デブコの犯罪』。海外の演劇祭にも多数回参加する。1983年、劇団は解散。その後フリーとなり、渋谷ジァン・ジァンで毎年コンサートを行う。万有引力、TAO、岸田事務所等に参加。作・寺山修司、演出・蜷川幸雄『身毒丸』『血は立ったまま眠っている』に出演。作・演出・川村毅『路上』『愛情の内乱』『カルデロン』『騙り。』、プロジェクト・ニクス『星の王子さま』、庭劇団ペニノ『チェーホフ!?』、あうるすぽっと×fabien prioville dance company × An Creative国際共同制作『SOMAプロジェクト』などに出演。
詩・寺山修司、曲・J.A・シーザーによるCD『惜春鳥』をリリース、発売中。
木ノ下歌舞伎には『東海道四谷怪談ー通し上演ー』に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です