あらすじ

江戸時代。当時隆盛の高野家こうのけに刃向かったことで、塩冶家えんやけはお取り潰しとなっていた。塩冶浪人・民谷伊右衛門たみやいえもんは、その素行の悪さゆえ、妻・おいわを実家に引き取られてしまう。伊右衛門はお岩の父・四谷左門よつやさもんに復縁を求めるが、あえなく拒まれるのだった。策を講じ、ようやくお岩を取り返した伊右衛門だったが、そこに高野家家臣・伊藤喜兵衛いとうきへいの計略が迫る。孫・おうめが伊右衛門を慕っていると知った喜兵衛は、ある条件でお梅との結婚を求めてきたのだった。
一方、お岩の妹・おそでは、塩冶浪人・直助権兵衛なおすけごんべいと暮らしていた。お袖には、同じく塩冶浪人の佐藤与茂七さとうよもしちという許婚がいたが、何者かの手で殺されてしまったのだ。その敵討ちのため、お袖は直助と生活する道を選んだのである。ところがある日、死んだはずの与茂七が二人の家を訪れて……。
「仮名手本忠臣蔵」の世界を背景に、市井の人々が生き抜く姿を、虚実織り交ぜながら描いた鶴屋南北の代表作。