doi

1992年生まれ、福岡県出身。2015年、京都造形芸術大学を卒業。在学中の2013年に、「彌勒」(林海象監督)でスクリーンデビューし、その後も映画、舞台に多数出演。主な舞台出演作に、林海象演出『ゴドーを待ちながら』、岩松了演出『泡-流れつくガレキに語りかけたこと』、VOGA『DIGITALIS』など。映画では、「赤い玉」(高橋伴明監督)、「土竜の唄 香港狂騒曲」(三池崇史監督)、「すもも」(井上泰治監督)などに出演し、2018年公開の話題作「リバーズ・エッジ」(行定勲監督)では、小山ルミ役を瑞々しく体当たりで演じ切った。TVドラマ・CMにも多数出演し、今春からはTVCM森永乳業「パルテノ」に出演中。木ノ下歌舞伎には『東海道四谷怪談-通し上演―』(2017)に出演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください