ロームシアター京都 レパートリー作品『糸井版 摂州合邦辻』

キャスト・スタッフ | 作品について | 京都公演 | 東京公演 | 特設サイト[2019版]

2019年2月に上演しました、ロームシアター京都 レパートリー作品『糸井版 摂州合邦辻』を2020年秋に早くも再演いたします。

今回は初演からさらに進化/深化させるべく、木ノ下・糸井による増補と新曲の書きおろしに挑みます。

キャスト・スタッフの顔ぶれも新旧融合した、レパートリーの再演にぜひご期待ください!

キャスト・スタッフ


作:菅専助・若竹笛躬

監修・補綴・上演台本:木ノ下裕一

上演台本・演出・音楽:糸井幸之介[FUKAIPRODUCE羽衣]

音楽監修:manzo

振付:北尾亘

出演:
内田慈 土屋神葉
谷山知宏 永島敬三 永井茉梨奈 飛田大輔 石田迪子 山森大輔
伊東沙保 西田夏奈子 武谷公雄


[スタッフ]
舞台美術:島次郎、角浜有香
照明:吉本有輝子
音響:小早川保隆
衣裳:大野知英
ヘアメイク:須山智未
演出助手:岩澤哲野、山道弥栄
舞台監督:大鹿展明
制作:武田知也、宮崎麻子[以上、ロームシアター京都]、本郷麻衣

作品について

あらすじ

大名・高安家の跡取りである俊徳丸は、才能と容姿に恵まれたがゆえに異母兄弟の次郎丸から疎まれ、継母の玉手御前からは許されぬ恋慕の情を寄せられていた。そんな折、彼は業病にかかり、家督相続の権利と愛しい許嫁・浅香姫を捨て、突然失踪してしまう。しばらくして、大坂・四天王寺に、変わり果てた俊徳の姿があった。彼は社会の底辺で生きる人々の助けを得ながら、身分と名を隠して浮浪者同然の暮らしをしていたのだ。そこに現れる、浅香、次郎丸、玉手と深い因縁を持つ合邦道心。さらに、誰にも明かせない秘密を抱えたまま消えた玉手が再び姿を見せた時、物語は予想もしない結末へと突き進む。

公演情報

東京公演

2020年10月22日(木)~26日(月)

あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)


〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F

チケット発売日

豊島区民先行発売 2020年9月19日(土)
一般発売 2020年9月20日(日)

主催:あうるすぽっと(公益財団法人としま未来文化財団)/豊島区
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)| 独立行政法人日本芸術文化振興会

その他詳細は今しばらくお待ち下さい。

京都公演

2020年11月2日(月)・3日(火)
2日(月)19:00開演
3日(火・祝)14:00開演

※受付開始、開場時間は未定です。

ロームシアター京都 サウスホール


〒606-8342 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13

全席指定

一般:3,500円
ユース(25歳以下):2,000円
高校生以下:1,000円

※未就学児入場不可。12歳以下は保護者同伴の上、ご来場ください。
※ユース(25歳以下)チケットは、公演当日に受付にて年齢が確認できる証明書(学生証、免許証等)をご提示ください。
※演出の都合上、開演後は本来のお席にご案内できない場合がございます。

先行発売日

2020年9月13日(日)
※フレンズ会員・club会員・京響友の会会員

一般発売日

2020年9月20日(日)

チケット取扱い

ロームシアター京都オンラインチケット
ロームシアター京都チケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)]
京都コンサートホールチケットカウンター[窓口・電話 TEL.075-711-3231(10:00~17:00、第1・3月曜休 ※祝日の場合は翌日)]

主催:ロームシアター京都、京都市
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会



企画制作:ロームシアター京都、木ノ下歌舞伎/一般社団法人樹来舎
製作:ロームシアター京都
共同製作:穂の国とよはし芸術劇場 PLAT、KAAT 神奈川芸術劇場