服部幸雄著『歌舞伎をつくる』(青土社)

books_banner

「木ノ下裕一オススメの古典芸能にまつわる本を紹介する企画。
いま読むべき一冊を木ノ下が一言で紹介します!」
(第一回から第二十回はビギナー必見!入門書特集)

歌舞伎を支える人々に捧げる本。

服部幸雄著『歌舞伎をつくる』(青土社)

歌舞伎は総合芸術ですから、当然、俳優のみでは成立しません。多くの裏方の力があってこそ成立するのです。本書では、様々な裏方に光を当て、その仕事を紹介しています。「大道具」「小道具」「衣装」…どの仕事一つとっても、そこには高い専門性と、深い歌舞伎への愛が潜んでいます。読後は、歌舞伎の見え方が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です