あらすじ

背景

時は、高師直こうのもろのおが藩主を務める高野こうの家が隆盛の時代。塩冶えんや家の藩主・塩冶判官はんがんは高師直に刃向かったため切腹に処され、塩冶家はお取り潰しになっていた。仕事を失った塩冶浪人・民谷伊右衛門たみやいえもんは再起を図ろうとするが、その素行の悪さを理由に、妻・おいわを実家に引き取られて……。

第一幕

浅草境内の場

 賑わいを見せる浅草寺の境内は、性別も身分も問わず、多くの人々が集まっていた。境内を訪れた伊右衛門は、お岩の父・四谷左門よつやさもんの窮地を救い、お岩との復縁を求める。しかし左門は、頼み込む伊右衛門を無下にあしらうのだった。その様子を見ていた高師直の家臣・伊藤喜兵衛いとうきへえは、孫のおうめが伊右衛門を慕っていることを知る。
 一方、お岩の妹・おそでは、塩冶浪人で今は薬売りの直助なおすけに想いを寄せられていた。お袖には塩冶浪人の佐藤与茂七さとうよもしちという許婚がいたが、与茂七は主君の仇討ちのため、お袖のもとを離れていた。そのころ、同じく塩冶浪人の奥田庄三郎おくだしょうざぶろうは、ひょんなことから仇討ちの計画を記した廻文状(密書)を喜兵衛らに奪われてしまう。そこに与茂七が通りかかって……。

地獄宿の場

 浅草は“地獄”と呼ばれる、按摩・宅悦たくえつの営む売春宿。お袖は生活の貧しさゆえ、この場所で夜の務めをしていた。お袖に思いを寄せる直助は“地獄”を訪れ、お袖に床を迫る。ところが偶然、与茂七が“地獄”を訪れる。お袖と与茂七は思わぬ再会を喜ぶが、傷つけられた直助は激怒するのだった。

浅草裏田圃の場

 浅草の裏田圃にて、伊右衛門は左門への懇願もむなしく、お岩との復縁を拒まれていた。激しく罵倒され、我慢の限界を迎えた伊右衛門は左門を斬殺してしまう。同じころ、直助も裏田圃にて与茂七と思しき男を殺害していた。そこにお岩とお袖が現れて、左門と与茂七の死体を発見する。涙するお岩とお袖に、伊右衛門と直助は仇討ちを約束するのだった。

第二幕

伊右衛門浪宅の場

 仇討ちを口実に復縁した伊右衛門とお岩だったが、その生活は困窮するばかりだった。二人に仕えていた小仏小平こぼとけこへいは、民谷家に伝わる秘薬・ソウキセイを盗んで伊右衛門の怒りを買い、拷問を受ける。そんな時、伊藤喜兵衛に仕える乳母・おまきが伊右衛門宅を訪れた。お槇は、産後の病に苦しむお岩のため薬を届けに来たのだ。しかし薬を飲んだお岩は突然苦しみはじめて……。

伊藤家屋敷の場

 伊右衛門と仲間の秋山長兵衛あきやまちょうべえたちは、恩義の礼を伝えるべく伊藤家の屋敷を訪れていた。もてなしの最中、喜兵衛は伊右衛門に大金を差し出し、孫のお梅と夫婦になってほしいと頼むが、伊右衛門は応じなかった。そこで喜兵衛は、お岩に贈った薬が人の顔を変える毒薬であることを告白。計画の始終を聞いた伊右衛門は、自分を高野家に推挙することを条件に、お梅との結婚を約束する。

元の伊右衛門浪宅の場

 伊右衛門は顔が変貌したお岩を振り払い、お梅との結婚の準備に奔走する。伊右衛門は、家の手伝いをしている宅悦に、お岩の間男となり二人で家を去るよう言いつけるのだった。ところが宅悦は失敗し、伊右衛門や喜兵衛らの計画を暴露してしまう。それを聞いたお岩は、失意のさなか命を落としてしまった。さらに伊右衛門は、小平を間男に仕立て上げて斬殺する。その夜、伊右衛門宅を喜兵衛とお梅らが訪れるが……。

十万坪隠亡堀の場

 深川・砂村隠亡堀で釣りをしていた伊右衛門は、偶然、母・おくまと再会する。お熊は高野家ゆかりの書状を伊右衛門に渡し、高野家に接近するよう助言する。ところが、そこにやってきた長兵衛に脅迫された伊右衛門は、その書状をやむなく渡してしまうのだった。そんな時、一枚の戸板が川を流れてくる。そこにはお岩と小平の死体が打ち付けられていた。

第三幕

深川三角屋敷の場・小塩田隠れ家の場

 夫・与茂七の仇討ちのため、お袖は直助と仮の夫婦になっていた。ある日、屋敷を訪れた宅悦から姉・お岩の死を聞かされたお袖に、直助は改めて仇討ちを誓う。ついにお袖は直助に身体を許すが、その夜、与茂七が屋敷にやってきた。なぜか生きていた与茂七を殺そうと企む直助と、仇討ちの計画を知る直助の口を封じようと考える与茂七。二人の計画を手助けするというお袖の助言に従い、与茂七と直助は人影を襲撃するが、そこに倒れていたのはお袖だった……。
 同じころ、塩冶浪人・小塩田又之丞おしおだまたのじょうは、歩くことのできない病のため、以前の家来・小平の屋敷で療養していた。しかしある日、主君の仇討ちに備える又之丞に盗みの疑いがかけられる。窮地の又之丞を救ったのは、屋敷に居合わせた塩冶浪人・赤垣伝蔵あかがきでんぞうだった。しかし盗みの疑いにより、又之丞は仇討ちへの参加が叶わなくなってしまう。無念の又之丞の前に、秘薬・ソウキセイを持った小平が現れて……。

夢の場

 七夕の夜、伊右衛門はいなくなった手飼いの鷹を探していた。鷹の行方を尋ねるため訪れた家で、伊右衛門は一人の美しい女性と出会う。伊右衛門は、一目でその女性に惹かれてしまうのだった。

蛇山庵室の場

 身を隠していた庵室で、伊右衛門は目を覚ました。念仏を唱える者たちやお熊、長兵衛らが入れ替わりに伊右衛門を訪ねてくる中、ついに与茂七が姿を見せる。