[木ノ下の惚れた至芸]第一回 榎本健一

 

ふと思うことあってはじめました、WEB上の連載コラム、その名も『木ノ下の気まぐれ藝能帖』。ちょっと大仰なタイトルですが、〈藝〉にまつわることを、ランダムに、乱筆失礼と憚りながら、書き殴っていこうという雑多なコラムにしたいな、と思っております。
だいたい週一ぐらいを目処にゆるゆる更新していこうかなぁ。もしよろしければ、以後、御贔屓に!
さて、漫然とゆるゆる書くのもダレそうですので、ここで新しいコーナーをはじめたいと思います。
その名も『木ノ下が惚れた至芸』!
これはですねー、私が幼少時代から今にいたるまで、惚れて掘れて惚れ抜いた数々の人の、その至芸を勝手放題ご紹介しようというコーナーでして。それも芸能者ばかりではなく、作家や文化人、香具師のおじさんから動物にいたるまで、ごちゃ混ぜに。
実は数年前に私個人のfacebookの上で試みたのですね。その時は14回ぐらい書いたのですが、筆不精につき、いつの間にかやめちゃった…。今回はその再挑戦。もっと息長く、シリーズ化したいなと思っております。なので前半は、そのfacebook時代のものを加筆修正してお届けします~!
乏しい知識で、それも独断と偏見で書いていくと思いますので、「○○論」などと賢くまとまったものでないことは、どうぞご勘弁。
いわば〈恋文〉ですねー。
さて、そろそろ便箋を開くといたしますか。ふふふ。

 

1 2 3

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください